FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015年2月15日、甲斐大野城へ登ってきた。目的は縄張り図を描くこと。仲間八人で登城です。
城の場所は、山梨県笛吹市大野寺、福光園寺を目印に行くのがベスト。車も福光園寺に停めさせて頂くのが良いです。住職さんにご挨拶して貴重な仏像を見せて頂くのもお勧めです。

山門の前を通り過ぎ陸橋下をくぐり抜け進と左手に獣除けネットが見えてきます。そこに黄色い扉が有ります。そこを開けて中に入ります。沢沿いに進と左手に登れそうな尾根が有りますので、そこを直登!登り切ると小さな郭があり倒れた石の祠が有ります。後は、その尾根を登ります。30分ほど進と祠のある郭に出ます。そこが二の郭。その先に本郭、本郭の先には段郭と連続した堀切が有ります。見所としては、その堀切でしょうか。それぞれの郭は狭く、大勢の兵が溜まれるようなものではないですね。狼煙台か物見に使われた感じですね。
帰りに福光園寺の住職さんに聞いたのですが、この山は修験者の霊山として使われていたそうです。室町時代戦国時代には多くの山伏がいたのでしょう。彼らが武田の僧兵として山城に登っていたのかも。

しかし、今回の大野城は大変でした。予想以上の残雪に山肌はカチカチに凍っていて登るのに命がけ。
途中、鹿の死骸にも遭遇して心が折れました。

福光園寺山門です。江戸時代初期の建築物。頼めば上に上がれます。

頼めば中の仏像も見せてくれます。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://musasinokami.blog.fc2.com/tb.php/226-a7d2e023
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。