FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.12.13 相模真田城
今日は相模真田城址に行ってみた。またもや道に迷い、バックしたときにゴツン!縁石にぶつけてバンパーへこました。(T_T)
真田城は、
神奈川県伊勢原市にある岡崎城城主、岡崎義実の嫡男が真田与一義忠を名乗って、今の神奈川県平塚市真田、(小田急東海大学駅前駅近くの)天徳寺の辺りに築城したのが真田城

今跡地は、天徳寺になってます天徳寺境内に真田尊があり真田与一が祀られていています。(『新編相模国風土記稿』)。築城は鎌倉時代で、治承四年(1180)源頼朝の石橋山合戦に参戦・討死にした真田義忠の拠点で、その後、戦国時代に伊勢新九郎が小田原城を大森藤頼から奪うと、藤頼は真田城に逃げ、三年間の攻防の後、明応七年(1498)に落城し藤頼は自害。

その後、真田城は室町時代中期に上田氏によって改修され、永正元年(1504年)両上杉氏(扇谷上杉、山内上杉)による真田合戦の舞台となり真田城は落城してます。

ちなみに信州真田氏とは関係無いです。

境内に入ると立派な山車が有りました。真田与一にちなんだ山車みたい。山車の前には鎌倉時代を思わせる大鎧が置いてあるでは!誰もいないし盗まれないのかな~。ちょっと心配。
遺構らしきものは無いですが、寺の地形を見ると舌状大地の要害であったようです。妄想が膨らみます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://musasinokami.blog.fc2.com/tb.php/194-8bd1c536
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。